圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

カルチャー

帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『ゴジラxコング 新たなる帝国』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.07

帯広で映画を観た!シネマ de 十勝は、帯広で働く腐女子。「総統」と呼ばれた女子が、身の回りの幸せ(美味しいご飯・趣味・脳内妄想など)で足るを知る小市民として、十勝の観光文化検定(とかち検定)上級合格の実力を発揮しつつ、帯広・十勝の話をしつつ、映画を語るコラムです。

前回のコラム「帯広で映画を観た!」はコチラ

映画『ゴジラxコング 新たなる帝国』

ちょっとゴジラの造形とか好きくないとか、舐めていてすみませんでした!!

コロッセオでねむねむするゴジラ、可愛かったです!!!

ただ「自分の中の源博雅や安倍晴明のイメージしっかりある人、陰陽師が呪術師紛いのことをするのが許せない人に、様々な『解釈違い』の危険性のある『陰陽師0』は勧めにくい。全く知らない人の方が楽しめることでしょう」という感覚以上に、ゴジラがハリウッドの都合に合わせて配置されることが許せない人には、向いていないとは思います。

しかし『ゴジラxコング』はそれまでの作品&予告編で「こんな感じで進めます!」「これはモンスター・ヴァースのゴジラです!!」とばかり分かりやすい感じで宣言されており、それが受け入れられない人は避けることのできる親切設計。その点は、とてもフェアです。

それもそのはず(?)今回の映画、やっていることがマーベルヒーロー。(ワーナーだけど)

何を言っているか分からないと思いますが。

『アバター』だとか『ジュラシックパーク』をどこか彷彿とさせる地下世界(時々地球)で、ゴジラとコングがアベンジャーズ。そんなお話でした。(ネタバレギリギリかアウトみたいなことを言っていますが、CMで流れている範囲で察することができるかと思うので思い切りました)

多分、前作『ゴジラvsコング』を意識してタイトルが『ゴジラxコング』になったのだと思いますが、今回のメインは完全にコングです。(「左右頂上決戦か!?」とか全く要らない心配でした>分からない人には分からなくていい文章)

『友情出演:ゴジラ』

周年記念に、ゴジラをいい役にキャスティングし、花を持たせてくれたんじゃないかと思える役回りではありますが。『ゴジラxコング』と言えるほどメインかというと首を傾げる……。

それまでの続編とか周年記念とかを抜いたら「このポジション、ゴジラじゃなくてもよくない?」と言われそうなくらい『コング with ゴジラ』とか『友情出演:ゴジラ』に近かったように思います。

ゴジラ生誕70周年記念作品の『ゴジラ -1.0』が日本の『大きいお友達』向けの娯楽作とすると、本作『ゴジラxコング』はもっと小さいお友達もメインターゲットに入ってくる、ハリウッド的娯楽作品。

『ゴジラ -1.0』は「大戸島の伝説の生物・呉爾羅」など原点回帰し、初代作品を踏まえた設定でした。
戦争や黒い雨など、ある程度日本の昭和史を分かっている大人向けとすると、一口に同じ娯楽作といっても、方向性やコンセプトがガラッと異なります。

『ゴジラ -1.0』はUSJのアトラクションで言ったら『ターミネーター』のような……。(古い)
『ゴジラxコング』は『スパイダーマン』のような面白さの連続コンボとでも申しますか。(古い)

どちらの映画も、4DXでもIMAXでも合うとは思うんですが。

『ゴジラ -1.0』はしっとり咀嚼したいヒューマンドラマ部分も多いので、4DXの機能を堪能するには、動きが少なないのではないかという貧乏性的な発想が首をもたげるわけで。

4DXで最高のポテンシャルを発揮

一方で、脚本に無駄がなく、一本の映画として満足度が高いエンタメ作品でした。

動きはつかなくてもいいから(ついても見たいけれど)、できるだけ音響のいいシアターで鑑賞したい作品です。

『ゴジラxコング』は恐らく、座席が揺れたり動いたりする4DXで最高のポテンシャルを発揮できる作品です。

次から次へと「あっ、危ない!」「どうなるんだろう?」というハラハラシーンやアクションシーンがやってきます。テーマパークのライド・遊園地の乗り物に近い作品なので、4DXなど体験型シートでの鑑賞が最適だろうという、そんな違いです。(そういう作りなので、続編とはいえこれまでの作品を踏まえなくても本作単体で楽しめるはず)

当然話の展開も早いので、2Dで鑑賞していても十分楽しめました。

ただし、人外の登場キャラクター同士で命の奪い合いをするので、暴力的なシーンや、赤くないけれど血しぶきが飛んだり、グロテスクな生物を食べたりするシーンがあります。そういうのが苦手な人にはオススメできません。

今帯広でかかっている中で「映画見た〜」という作品が見たいという人には、『ゴジラ -1.0』か『オッペンハイマー』を挙げますが、楽しさやワクワク感といった鑑賞後の後味を重視する人には『ゴジラxコング』、あると思います!!

足寄町だけにアショロア

さて古の大型生物と十勝といえば、第一に浮かぶのが浦幌町。

国内で唯一、K/T境界層(※)が露出している場所が浦幌にあります。

※K/T境界層:約6500万年前の、恐竜やアンモナイトが大量絶滅した中生代(白亜紀)と新生代(古第三紀)の境目の地層。

そして十勝管内で発見されている最古の哺乳類といえば「アショロア」。足寄町以外では未だ発見されていない、約2800万年前の束柱類です。

足寄町だけにアショロア。

新生代・古第三紀の中でも最後の漸新世に水の中で暮らしていました。(当時の足寄町は海!)

「アショロア」は、約2500万年前の束柱類「ベヘモトプス」とともに2022年、北海道の天然記念物に指定されました。

ちなみにベヘモトプスの学名「ベヘモトプス カツイエイ」足寄町の矢吹兄弟(勝美さん・勝家さん)によって発見され、弟の勝家さんの名にちなんでつけられたそうです

いずれも化石は、足寄町の「足寄動物化石博物館」所蔵です。

足寄町はクジラなど哺乳類の化石が豊富で、博物館の化石コレクションも見応えがあります。

おびひろ動物園にいたカバのモグ(メス 享年23)もここ!

また足寄動物化石博物館の特徴は、見るだけに留まらない体験メニューの豊富さにあります。

MOTTAINAI!

「おもしろ」とか「プレミアム」というと、自ら発しハードルを上げすぎると「構えすぎ」「それほどでもない」と危うくなりがちな言葉ですが。

それが「プレミアム」な「ダイヤモンド発掘セット」とかが出てくるので「はい! すみませんでした!!」「そらそうよ」という説得力しかなかったです。

他にも200円でアンモナイトなどの本物の化石や、鉱物の発掘体験ができたり、石膏での古生物模型作り(400円)・化石のレプリカ作り(200円)体験などなど

一部体験メニューは持ち帰り可能ではありますが、足寄まで行って展示を見るだけで帰るのはMOTTAINAI!

物は壊れたりなくなっても体験価値の記憶は、何十年かは失われないもの。(のはず!)

売店含め、大人でも「オラ、ワクワクすっゾ!」

というメニュー群です。

時間に余裕を持っての訪問をオススメいたします。






十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
三崎 裕美子

三崎 裕美子

腐女子 / 総統

1980年生まれ。北海道帯広市出身|釧路→新橋のサラリーマン(港区女子)→などを経て基本帯広で働く腐女子。「総統」と呼ばれた女。しかしてその実体は、身の回りの幸せ(美味しいご飯・趣味・脳内妄想など)で足るを知る小市民。十勝の観光文化検定(とかち検定)上級合格。同年生まれのハリー・ポッター氏が通うホグワーツ・スリザリン寮に組み分けされたかったゲラート・グリンデルバルド信奉者。

  1. 帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『オーメン:ザ・ファースト』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.09

  2. 釧路で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『カラオケ行こ!』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.08

  3. 帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『ゴジラxコング 新たなる帝国』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.07

  4. 帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『陰陽師0(おんみょうじゼロ)』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.06

  5. 帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『名探偵コナン100万ドルの五稜星(みちしるべ)』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.05

  6. 帯広で映画を観た!シネマ de 十勝 映画『オッペンハイマー』〜腐女子の“迷い”道案内_Vol.04

スマヒロ最新記事

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する