圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

イベントレポート

帯広発!十勝アグリ&フードサミット2023で見えた、農業×ビジネスの新展開と地元食材の魅力

「十勝アグリ&フードサミット2023」が10月12日、帯広市で華々しく開催。地域資源とグローバルスタートアップの融合、新たな価値創造の場として熱気に包まれたこの大会で、十勝の農業と食の未来が語られました。24社のよるビジネスマッチングの舞台裏、海外ゲストも揃った革新的なセッション、そして十勝の魅力的な食材の紹介。立見聴講も出る約150名が参加。この記事でその全貌を明らかにします。舞台は十勝、未来のビジネスチャンスを一緒に探りましょう。

十勝管内外の企業24社がビジネスチャンスを伺う

農業の要、北海道十勝。その土地で行われた「十勝アグリ&フードサミット2023」は、農業や食に携わる人々が一堂に介し、未来のビジネスチャンスを模索した饗宴となりました。

まずは、十勝の12企業と十勝外の12企業がマッチングイベントに参加。参加企業は、林業から観光、ホテル、食品業まで多岐にわたり、各社が持つ強みや新しいビジネスのアイディアを共有。

十勝外から参加した企業は「拡大が続く農業基盤が盤石な十勝は、チャンスしかないと感じました。不況知らずの十勝企業の設備投資に貢献できればと思っています」と期待に胸を膨らませ、将来のチャンスをつかもうと挑んだ十勝企業からは「これまで地元ではできないと諦めていた案件が、十勝外企業のアイデアを聞き、糸口がみつかりました。今後は少しずつ具現化に向けて商談を続けたい」と成果が語られました。

今回のビジネスマッチングでは、新たな事業展開の種火が灯りました。このあと、ご紹介する午後のセッションは、地域資源を活かしたビジネスに焦点を当て、さまざまな視点からのディスカッションが展開されました。

革新的な登壇者を見に約150名が彩りを与える

十勝アグリ&フードサミットでは、事前登録者を合わせて約150名が来場。3つのトークセッションには立ち見が出るほどの大盛況。特に注目すべきは、十勝や北海道の地域資源と、グローバルなスタートアップとの連携についてのセッション。これは、十勝が海外からどう見られているのか、そしてどんなシナジーが期待できるのかを探る非常に有意義な時間となりました。

ノルウエー出身で、北海道のビジネスの可能性に魅かれたデビッド・アンドリュー・クイストさん(Norwegian Myceliumの共同創設者兼最高科学責任者)は、北海道が日本最大の食料供給基地としての役割やその副産物を強調。「循環型のビジネスチャンスが感じられる。私たちの研究対象である菌糸体プロテインを活用し、日本の食料生産をさらに強化したい」と情熱を込めて話しました。

一方、食品の残渣を商品に変える技術を持つ町田紘太さん(fabula株式会社の代表取締役CEO)は「”ゴミから感動を作る”という考え方で、廃棄物の価値を見直している」とコメント。この言葉に、エンジニアからは「これは新しい視点で、既存の技術を利用して新たなビジネスの道を開くことができる」との高い評価を受けました。

そして、北海道十勝での地域資源を活かした井田芙美子さん(株式会社いただきますカンパニーの代表取締役)は、小麦畑を単なる小麦粉の供給源としてではなく、観光の景観としての価値を提案。これに、大学生からは「日常の中の“当たり前”を見直し、それに対する新しいアプローチの大切さを学んだ」との声が上がっていました。

とかちいいものマーケットに舌鼓を打つ

地元十勝の美味しい食材や製品を紹介する「とかちいいものマーケット」や「キッチンカー」も大変な人気。来場者は、十勝の美味しさを堪能しつつ、新しいビジネスの可能性を探ることができる貴重な機会となりました。

「十勝アグリ&フードサミット2023」は、地域の力と、それを活かす新しいビジネスの形を追求する場として大成功を収めました。ここに集まった経営者や企業、そして来場者一人ひとりが感じたであろう、新たなビジネスの芽、それがこのサミットの最大の収穫と言えるでしょう。

十勝の農業と食を愛するすべての方々、そしてこれからビジネスの舞台に挑戦する方々へ。このサミットが、次なるステップへの一助となることを願います。十勝の大地が、これからも無限のビジネスチャンスを生み出し続けることでしょう。

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北川 宏

北川 宏

SUMAHIRO 編集長

記者12年→編集者8年→広報→起業|2022年7月『圧倒的におもしろいメディアが地方を救う』を掲るメディア会社 株式会社スマヒロの代表。新聞・経済誌の記者、雑誌編集者(日本)、週刊誌(海外)編集長、広報を経て2022年夏に起業。北海道十勝出身。東京13年→バンコク7年→北海道。

  1. 帯広ラーメンBEST 10【2023年版】食べ歩きライターが選ぶ旨い店を一挙公開!

  2. フォトグラファーから経営者へ 印刷会社からメディア会社へ 未来の一手を進める高原淳という男

  3. 【書評】本の虫 小川の本棚 「場づくりという冒険 いかしあうつながりを編み出す」presented by Book cafe & bar Sen 017

  4. 地方起業なら十勝に決まり!過去64の事業構想が実現した「とかちイノベーションプログラム 2023」が最終発表

  5. 持続可能な地域社会と未来のために。第2回 理想のみらいフェスが12月10日(日)とかちプラザで開催

  6. 11/11(土) 麦音杯モルックミニ大会 ―スポーツと笑顔が溢れる一日

スマヒロ最新記事

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する