圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

ますやパン麦音 ✕ エレゾのカスクルート!十勝の食を探求する至高のコラボが大盛況

十勝の食材を深く探求する至高のコラボレーションが実現しました。パンの名門、満寿屋商店(ますやパン)と食肉加工の革新者、ELEZO(エレゾ)社が手を組み、三種の高級バゲットサンド「カスクルート」を開発。11月4・5日の2日間限定で販売。「最も美味しいタイミングで食べてほしい」とイートインのみにも関わらず、事前予約者が列をなしました。十勝の食文化を担う2人のトークショーも大盛況でした。

ますやパン麦音でエレゾとの初コラボ「カスクルート」

地元食材を使用したカスクルートが大好評を博しました。パンの名門、満寿屋商店「ますやパン 麦音」と食肉加工の革新者、ELEZO社が手を組み、三種の高級バゲットサンドを開発。放牧豚のローストハムや短角牛の生ハム、そしてエゾシカのテリーヌを挟んだこれらのサンドイッチ「カスクルート」は、十勝産の食材の持つ豊かな風味と質感を最大限に引き出すため、サクッとした食感にこだわったバゲットによって完成されました。

このコラボレーションは、十勝の食文化をさらに高めたいという杉山雅則社長と、商品の過程や生産地の風土を感じながら味わってほしいと願う佐々木章太社長の熱い思いによって実現。限定カスクルートは一個1,600円で予約制、そしてスペシャルなセットも提供されました。トークショーでは両社長が食に目覚めた瞬間や十勝の食の可能性について熱く語り合い、食への情熱を共有しました。

十勝には宝石のような食材がある。あとは食文化を高めるだけ

トークショーでは、杉山雅則社長が「十勝の食文化を高めたい」という情熱を語り、満寿屋商店のパンが持つ独自の美味しさを認識した大学時代のエピソードを披露。

一方の佐々木章太社長は、野生の食材との出会いと、十勝が食の王国であることを伝えたいという強い意志を明かしました。佐々木社長のエゾシカや狩猟との関わりから生まれた食への深い理解、そして地産地消に対する姿勢は、十勝バスの持つ地域へのコミットメントとも通じるものがあります。

二人の話からは、十勝の食が単なる食事を超え、地域の歴史や文化と深く結びついていることが伝わってきます。放牧された豚や短角牛、エゾシカといった具材の選定に至るまでのこだわりや、それらを最大限に生かすために工夫されたバゲットの食感への追求が印象的でした。

特に注目すべきは、十勝の食材を使った商品を通じて、地元で生産された食材の価値を再評価し、食育と地産地消を推進するという二人の使命感です。十勝ブランドの未開拓な価値に光を当て、地域の宝石のような食材を世に広めようとする情熱は、参加者に強い印象を残しました。

至高のコラボは農と食のジャーナリストが実現

今回の至高のコラボは農と食のジャーナリスト、山本謙治氏によって提案されたそうです。

現場に駆けつけた山本氏は「十勝の食の文化的な成熟を目指し、地域を美食の目的地へと導く先駆けとなるでしょう。美食の十勝として将来、たくさんの観光客が訪れ、観光立国となるポテンシャルを秘めているのが十勝です」と応援。

これに対し、杉山社長が「十勝の開拓から140年、始まったばかりの食文化が、このような革新的な取り組みによって、新たな価値を築き上げていく過程は、まさに目撃すべき歴史の1ページです」と熱意を込めると佐々木社長も「十勝には美味しい食材は数多くあるが飛び抜けてエッジが効いて尖っているものがない。大衆を対象にすると突き抜けられないから。エゾシカをはじめとするジビエの可能性を追求し続けるのは、十勝の食材を通じて地域の歴史や文化を再発見し、食の新たな物語を紡ぐことで食文化を高められるから」と話します。

思い出の味となるサンドイッチ

一番で並んだ予約客(70代夫婦)

「ハムやテリーヌがバゲットの味と喧嘩せずに味に深みをもたらせながらも調和のとれたサンドイッチで美味しかった。はじめての味です。繊細さと野性味があり、ヨーロッパ旅行を思い出しました」

子どもと訪れた40代の夫婦

「十勝には安くて美味しいがいっぱいですが、忘れられない食がなかったのではと思うほど、強烈なインパクトを与えてくれるサンドイッチでした。毎日は無理でも、月に1度は食べたいです」

と多くの購入者の思い出の味となった様子。

十勝の食材を通じて地域の歴史や文化を再発見し、食の新たな物語を紡ぐ彼らの挑戦は、まさに食の王国、十勝の新たな地平を開いています。十勝の食文化がこれからも進化し続けることを約束するかのような、生き生きとしたディスカッションの場でした。

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北川 宏

北川 宏

SUMAHIRO 編集長

記者12年→編集者8年→広報→起業|2022年7月『圧倒的におもしろいメディアが地方を救う』を掲るメディア会社 株式会社スマヒロの代表。新聞・経済誌の記者、雑誌編集者(日本)、週刊誌(海外)編集長、広報を経て2022年夏に起業。北海道十勝出身。東京13年→バンコク7年→北海道。

  1. 「諦めない心が地方を変える」十勝の起業家支援に情熱を注ぐ帯広市の米沢市長のビジョン

  2. ビジネス誌『経済界 9月号』と十勝の情報メディア『スマヒロ』のコラボ特集

  3. とかち・イノベーション・プログラム 2024 (TIP10)が7月16日からスタート!5ヶ月間のセッションを経て事業創発・起業へ

  4. 北海道U・Iターンフェア 2024.7.28@東京で十勝バスと萩原建設工業と出会うチャンス!

  5. 北海道十勝産黒毛和牛 特別販売会を本日開始! 〜7月12日まで〜 十勝スロウフード

  6. 帯広十勝のイベント情報2024【7月イベント】

スマヒロ最新記事

タグ一覧

  1. Discover hokkaido
  2. ise festival
  3. Lake of the Sky
  4. NEW OPEN
  5. TCRU
  6. TIP
  7. tokachi obihiro winter hokkaido snow
  8. UIJターン
  9. waoje
  10. インタビュー
  11. インデアンカレー
  12. おびひろ平原まつり
  13. おびひろ氷まつり
  14. サウナおすすめ
  15. ソフトクリームラリー
  16. たかまん
  17. とかちイノベーションプログラム
  18. とかちの講師ガイド
  19. ビアガーデン
  20. ファーマーズマーケット
  21. プチ移住
  22. フライフィッシング
  23. ふるさと納税
  24. ますやパン
  25. モール温泉
  26. 上士幌町
  27. 人材紹介
  28. 依田勉三
  29. 六花亭
  30. 北海道グランピング
  31. 北海道サウナ
  32. 北海道温泉
  33. 北海道移住
  34. 北海道観光
  35. 北海道観光おすすめ
  36. 十勝イベント
  37. 十勝スロウフード
  38. 十勝ドリームマップ
  39. 十勝バス
  40. 十勝牛
  41. 十勝産小麦100%
  42. 十勝石
  43. 和牛
  44. 国産小麦
  45. 国際農業機械展
  46. 地方創生
  47. 地方移住
  48. 地方起業
  49. 天然素材
  50. 天空の湖
  51. 山忠祭
  52. 帯広
  53. 帯広イベント
  54. 帯広おにぎり
  55. 帯広カフェ
  56. 帯広グルメ
  57. 帯広コーヒー
  58. 帯広サウナ
  59. 帯広スイーツ
  60. 帯広ドーナツ
  61. 帯広パスタ
  62. 帯広ハンバーガー
  63. 帯広パン屋さん
  64. 帯広ピラティス
  65. 帯広ラーメン
  66. 帯広ランチ
  67. 帯広三大祭り
  68. 帯広喫茶店
  69. 帯広寿司
  70. 帯広市
  71. 帯広整体
  72. 帯広映画
  73. 帯広求人
  74. 帯広牛
  75. 帯広神社
  76. 帯広移住
  77. 帯広蕎麦
  78. 帯広藤丸
  79. 帯広豚丼
  80. 広小路マーケット
  81. 書評
  82. 求人セミナー
  83. 満寿屋商店
  84. 熱気球
  85. 牛とろフレーク
  86. 物流拠点
  87. 田舎暮らし
  88. 登録支援機関
  89. 移住体験コラム
  90. 経済界
  91. 経済界大賞
  92. 育児休業
  93. 蕎麦屋
  94. 藤丸閉店
  95. 街頭テレビ
  96. 街頭放送
  97. 豊西牛
  98. 豊頃町
  99. 豚丼
  100. 豚丼レシピ
  101. 豚丼帯広
  102. 逢坂芳郎
  103. 音更町
  104. 高橋まんじゅう屋
  105. 鹿追町
  106. 麦音
  107. 黒曜石

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する