圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

グルメ

【帯広】カフェランキング!スイーツが美味しいお店ベスト5

前回「帯広カフェ ごはんが美味しいお店ベスト5」の反響が良かったので、今回はスイーツ愛好者の皆様に捧げる特別編です。帯広エリアで極上のスイーツを提供するカフェを厳選し、私の勝手な嗜好をもとに、味よし見た目良し、そしてSNS映えスイーツをご紹介!甘い誘惑に身をゆだね、心温まる一時を楽しんでみませんか?お腹も心も満たされること間違いなしの、帯広カフェスイーツ巡りを堪能しましょう。誘惑にゆだねすぎることご注意!

帯広のカフェは和・洋スイーツが勢揃い!さすがスイーツ王国十勝

十勝・帯広市は、豊かな農業と酪農の伝統に支えられ、美味しいスイーツが豊富な地域として知られています。ここでは、小麦や小豆が豊富に収穫され、新鮮な農産物がスイーツへと生まれ変わります。また、酪農が盛んで、新鮮な牛乳、バター、生クリームが楽しめることでも有名です。

帯広市には、老舗のお菓子屋さんが多く、その中でも六花亭や柳月、クランベリーなどは、地元の誇りであり、全国的にも愛されているブランドです。六花亭のマルセイバターサンドや柳月の三方六、クランベリーのクッキーなど、これらのお菓子は地域の特産品として、多くの人々に親しまれています。

有名なお菓子が揃うだけあって、帯広市にはカフェスイーツがすっごく美味しいんです。地元の食材を活かした創造的なスイーツを提供するパティシエさんのスイーツが堪能できるカフェが多く、地域の食文化をどんどん豊かにする。まさにスイーツ先進国!和風スイーツから洋風スイーツまで、幅広い味わいを楽しむことができ、スイーツ愛好者にとってはうってつけの場所なんです。

帯広は、美味しいスイーツを求める人々にとって、真の楽園と言えるでしょう。十勝産の新鮮な農産物と乳製品を活かした、スイーツはここでしか味わえません。一度でも帯広を離れた人は「安くて美味しい帯広のスイーツが恋しい!」って絶対言っているはず。私も都会に出たときに「スイーツ髙っ!しかも美味しくない」とうなだれたことを思い出しました。

CAFE ROWA

店舗概要

「CAFE ROWA」は、西2条南22丁目の住宅街にあります。真っ白な外壁に水色の看板がとても目立ちます。ハワイのような雰囲気を感じます。営業時間は18:00まで。店内の雰囲気が、お昼にゆったりと過ごしたい時にピッタリなので丁度いい!「帯広でパンケーキを食べるならここ!」という方は多いと思います。

メニュー

ドリアやパスタなど食事のメニューもありますが、なんといっても人気なのがパンケーキ。種類が豊富で、枚数も1〜3枚まで選ぶことができるなんて嬉しい!いろいろな味を楽しみたい時にも、人数に合わせてシェアしやすいのが嬉しいですね。

CAFE ROWAのパンケーキは、とことん生地にこだわっていて、本別町・前田農産の「きたほなみ」という品種の小麦を使用しています。ふわふわでしっとりした食感が特徴です。

手書きのメニュー表は、可愛いだけではなく、おすすめポイントもしっかり記入されていてほっこり癒される〜。メニューが決まっていない時の参考になりとっても助かります。

各種パンケーキには+280円でドリンクをセットにできます。選べるドリンクは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレンジジュース、グレープフルーツジュースです。

店内の雰囲気

外観から店内に至るまで、このカフェは海外を思わせるような雰囲気に溢れています。

1階席は特に明るく、大きな窓からたっぷりと自然光が差し込みます。その明るさは、心地よい気分で過ごすことを保証します。ここで食事やコーヒーを楽しむと、外の世界との一体感を感じながら、陽光に包まれた時間が過ぎていくのを実感できちゃいます。

一方、地下席は少しトーンダウンしており、より静かで落ち着いた雰囲気が広がっています。こちらは、ゆったりとした時間を求める方に最適な場所です。深い色調のインテリアが、くつろぎの雰囲気を一層引き立てています。

このカフェは席の種類も豊富で、どの席もゆったりとくつろぐことができちゃいます。外の景色を楽しみつつ、料理や飲み物を味わう贅沢な時間を提供してくれます。ここに来れば、まさに心からのリフレッシュと癒しを体験できるでしょう。

おすすめポイント

十勝産小麦100%使用のパンケーキは、ふわふわしっとりで小麦本来の甘さがしっかり伝わります。そして、驚くほどたくさんのフルーツが盛り付けられていて、見た目も贅沢そのもの。私は今回1枚を選びましたが、パンケーキそのものも小さくなく、フルーツ、アイスクリーム、生クリームがたっぷりと添えられているので、物足りなさを一切感じませんでした。

CAFE ROWAのおすすめポイントは、スイーツの美味しさだけではありません。オーナーさんはとっても気さくで話しやすい方で、お話しするのが楽しくてついつい長居してしまいました。彼女の笑顔と会話からは癒しとパワーが溢れ、本当にリラックスできる場所です。また、パンケーキに可愛いメッセージが添えられていたのも嬉しいサプライズでした。

パンケーキが食べたい時には迷わずCAFE ROWAへ!

【食べたメニュー】
CAFE ROWAパンケーキ 880円(税込)
セットドリンク(アイスコーヒー) 280円(税込)

INFORMATION

▪️ CAFE ROWA
住所:帯広市西2条南22丁目19
電話:0155-25-5515
営業時間:10:00-18:00(L.O 17:30)
定休日:不定休
駐車場:あり
公式Facebook
公式Instagram

hikari kitchen

店舗概要

hikari kitchenは、東1条南19丁目にある2階建てのカフェです。2015年のオープン時に建てられたものなので、新しく清潔感が溢れる店内です。食事、デザートともにメニューが多く、女性オーナーのお店なだけあって、女子ウケ抜群なメニューの数々。いつも店内はお客様で賑わっています。

メニュー

タイ風焼きそばのパッタイや、インドネシアの炒飯ナシゴレンなど、多国籍なメニューが豊富で、ワンプレートで提供されます。月替わりのセットメニュー「お盆deごはん」は、多品目で野菜も多く取り入れられているため、食事のバランスを気にかけている人にもぴったりです。

お食事メニューを注文した際には+200円でそ日替わりのケーキを、+300円でケーキとミニアイスをセットにすることもできます。お腹の空き具合に合わせて食後のデザートをお手軽価格で一緒に楽しめるのは嬉しいですね。もちろん、デザートの単品メニューも豊富に用意されており、見た目も鮮やかな「hikariパフェ」や、手作りケーキ、フレンチトーストなど魅力的なラインナップ。「本日のデザート3種盛り合わせプレート」は、ケーキ2種とアイスがセットになっていて、これだけを食べにきても大満足なボリュームです。

日替わりのメニューについては、店内のボードに内容が書かれているので、要チェックです。もちろん、スタッフさんに尋ねても丁寧に教えてもらえます。

店内の雰囲気

1階は、キッチンの前にカウンター席があり、他にテーブル席もあります。2階は、広々としたオープンスペースにテーブル席が多数用意されています。2階には喫煙ルームがあるので、食後の一服が日課の方にも嬉しいポイントではないでしょうか。

温もりを残しつつスッキリとしたインテリアで、店内どこの席に座っていても日光が届いて明るい造りになっているので、気持ちも前向きになること間違いなしです。

おすすめポイント

デザートのメニューが豊富で、手軽な物だとアイスクリームやジェリードリンク、がっつり楽しみたい時には盛り合わせプレートやパフェもあるので、幅広いニーズに対応してもらえます。複数人で行った時にも、それぞれの好みに合わせたオーダーができるので安心して足を運ぶことができます。

今回私が注文したのは、メイプルフレンチトースト。キャラメルフレンチトーストもあったのですが「メープル」の文字を見ると迷わず頼んでしまいます。

余談ですが、私の名前が「楓」なので、高校時代のおじいちゃん先生に「メープル」とあだ名で呼ばれていたのが気に入っていたからです。テスト返却の時にみんなが苗字で呼ばれる中「メープルー」と読んでいたのがとても可愛かったです

卵液がしみしみのバケットが3枚と、ホイップクリームとバニラアイスが付いていて、運ばれてきた時に、食後の私は「食べきれるかな?」と一瞬考えてしまうほどのボリューム。それがびっくり。あまりの美味しさに驚くような早さで完食してしまいました。優しい甘さに幸せいっぱいな気持ちになれました。

誰と行ってもみんなが大満足のカフェ!

食べたメニュー
メープルフレンチトースト 880円(税込)

INFORMATION

▪️hikari kitchen
住所:帯広市東1条南19丁目20-1
電話:0155-66-7572
営業時間:11:00-16:00(L.O 15:00)
定休日:不定休
駐車場:あり
公式HP

十勝トテッポ工房

店舗概要

十勝トテッポ工房は、西6条南17丁目にあります。カフェとショップが併設されているお店です。地元民にも人気ですが、観光に訪れる人も多いお店です。
「菓子を通じて、私たちが愛する十勝を伝えていくこと―。」をテーマに、農家の皆さんが大切に育んだ地元の食材をおいしいお菓子に仕上げ、全国へ届けています。

メニュー

十勝産の食材をふんだんに使用したスイーツが味わえます。定期的にメニューが変わるので、何度通っても新鮮な気持ちで楽しむことができます。パフェの種類が多く、可愛らしいのにボリューミーで食べ応えも抜群なんです。

店内の雰囲気

このカフェの魅力の一つは、壁一面が広大な窓に覆われていることです。この窓から差し込む自然光が、まるで店内に明るい魔法をかけたかのよう。そこにいるだけで、心地よい温かさと開放感に包まれる感じがします。

窓から外を眺めると、季節によって変わる景色が楽しめます。春には新緑が眩しく輝き、夏には陽光が差し込み、秋には紅葉が美しい彩りを添え、冬には雪景色が幻想的な雰囲気を醸し出します。何時間でも過ごせるくつろぎのスペースとして、この窓一面のカフェはまさに理想的です。

窓辺のテーブルに座って、美味しいコーヒーやお気に入りの読書を楽しむと、時間が経つのを忘れてしまうでしょう。外の世界と内側の落ち着きが絶妙に調和しており、この居心地の良さは訪れる人々に心から喜ばれています。ここはまさに、究極のリラックスと癒しの場所です。

おすすめポイント

まず最初に目にした瞬間、その可愛らしさに驚きました。見た目はまるでアートのよう。真っ白なシマエナガが、北海道らしさを演出しています。

そして、味わってみると、そのボリュームの多さに圧倒されました。見た目以上の食べ応えがあり、一皿で大満足感を得られることが嬉しいポイントです。特に、フルーツがふんだんに使用されていることが、爽やかな甘さとフレッシュさを感じさせてくれました。

このパフェは、見た目の可愛さだけでなく、食べ応えとフレッシュなフルーツの美味しさが特徴です。美味しいだけでなく、見た目にも楽しむことができました!

見た目も味も十勝らしさ全開!

【食べたメニュー】
シマエナガパフェ 1,650円(税込)

INFORMATION

▪️十勝トテッポ工房
住所:帯広市西6条南17丁目3-1
電話:070-4177-2631
営業時間:10:00-17:00(L.O 16:30)
定休日:不定休
駐車場:あり/32台
公式HP
公式Facebook

かふぇ 坩堝

店舗概要

かふぇ坩堝は、西16条南36丁目にある古民家カフェです。地元にファンが多く、隠れた名店と呼べるでしょう。メニューの品数が多く、和モダンの落ち着く雰囲気でゆったりとした時間を過ごすことができます。

メニュー

十勝牛のハヤシライスや、パスタなど食事のメニューも充実しているこちらのお店。注目するスイーツは、ぜんざいです。十勝産小豆「エリモショーズ」を店舗で炊いたつぶあんがふんだんに使用されていて贅沢な味わい。ぜんざいの種類は全部で6種類。それぞれ「温」と「冷」が選べます。

店内の雰囲気

店内は「和」の雰囲気が全面に広がり、懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気が漂っています。カウンター席には、コーヒーに関する本の横に十勝・帯広の写真集が置かれており、そうしたディテールからも十勝への深い愛情を感じることができます。

おすすめポイント

和風スイーツを楽しめるお店は、実は意外と少ないため、その存在は貴重であり、スイーツ好きにとっては非常にありがたいものです。今回、私はその中でも特に魅力的なぜんざいの「塩きなこがけ(冷)」を選びました。このスイーツには、きなこのしょっぱさと小豆の優しい甘さが見事に組み合わさっており、一口ごとに絶妙な味わいが広がりました。

さらに、このぜんざいには特筆すべきボリューム感があります。バニラアイスと白玉がそれぞれ3つずつ添えられ、その豪華な組み合わせが、食事の締めくくりとして満足感を提供してくれました。食後のデザートとしても、しっかりとした満足感を得ることができるので、ぜひお試しいただきたい逸品です。

店内の雰囲気も魅力的で、まるでタイムスリップしたようなレトロな雰囲気が漂っています。この空間は、心を落ち着けるのにぴったりで、一人での利用もおすすめです。和風スイーツを楽しみながら、穏やかな時間を過ごすことができます。

十勝産の小豆を堪能するならここ!

【食べたメニュー】
塩きなこがけ(冷) 720円(税込)

INFORMATION

▪️ かふぇ 坩堝
住所:帯広市西16条南36丁目1-20
電話:0155-67-462
営業時間:11:00-23:00
定休日:月曜日
駐車場:あり/9台
公式Facebook
公式Instagram

Cake&Cafe あちろ

店舗概要

「あちろ」は、2015年3月7日にオープンした、住宅街(帯広市西7条南24丁目41番地)の一角にある隠れ家的なカフェなんです。看板は控えめで、初めての方は通り過ぎてしまうことも。でも、その隠れ家感こそが、また訪れたくなる魅力の一つ。2023年3月で早くも8周年を迎えたこのカフェは、今後も私たちを魅了し続けることでしょう。

メニュー

カフェですからご飯メニューも豊富。ドリア、特製ホワイトソースと卵とチーズにパスタが絡む「パスタグラン」や、あちら特製ふわふわハンバーグは夜のお腹も満たしくれる逸品。ほかにも、生姜の効いた特製ダレが野菜とご飯にあう「あちろのカフェ丼」、野菜たっぷりの特製キーマカレー「焼きーまカレー」など、どれも食べてみたいカフェ飯がいっぱい。

こんな食欲そそるカフェ飯以上なのが、あちろの看板スイーツたち。

帯広と言えば、美味しいスイーツの宝庫。「あちろ」は、その中でも特別な存在です。なぜかって?それは、「十勝の食材に触れて、みんなが住んでいる土地にはこんなに素晴らしい素材があるんだよ」と語るオーナーシェフの情熱だと思うんです。

彼の深く広い想いが込められた「あちろ」のスイーツは、まるでマジシャンのように多彩な味を表現。酸味や甘味、苦味など、バラエティ豊かなフレーバーが楽しめます。

店内の雰囲気

一軒家を改装して誕生したこの店内は、ヨーロッパの古い街並みを思わせるようなビンテージ色が店内全体を柔らかく包み込んでいます。

店への入口をくぐると、左手にイートインスペースが広がり、テーブル席とカウンター席が並び、それぞれの席からは異なる風景や内装の美しさを楽しむことができます。昼下がりの穏やかな時間を心ゆくまで過ごすにピッタリのモダンなカフェデザインで整えられています。

一方、入口の右側は、ショーケースに並ぶ様々なお菓子が目を引くショップスペースと、店の核となる厨房が位置しています。ショーケースの中には、日々手作りされるスイーツが並び、その日の気分や好みに合わせて選ぶ楽しみがあります。

おすすめポイント

特に、パッションのムースは、トロピカルな香りのパッションフルーツが主役。上部の緑茶ゼリーの渋みが、その酸味を引き立てます。また、今年のマンゴープリンは、オレンジゼリーとの組み合わせが新鮮!舌にまとわりつくようなマンゴーの味わいと、オレンジのさっぱりした風味が最高です。

そして、一度食べたら忘れられないのが、米粉で焼き上げたスポンジのロールケーキ。この軽さと、有塩バターの塩味が絶妙に絡み合います。今回、食べたおすすめは「ミルフィーユのカップケーキ」。サクサクの生地と濃厚なカスタードクリームが、あなたの心を掴むこと間違いなし!

ケーキが絶品の隠れ家カフェ!

【食べたメニュー】
ケーキセット 941円(税込)
(お好きなケーキ代+380円)※ 選ぶケーキによって金額異なります

INFORMATION

▪️ Cake&Cafe あちろ
住所:帯広市西7条南24丁目41
電話:0155-67-6921
営業時間:10:00-20:00
定休日:月曜日
駐車場:あり/6台
公式Facebook
公式Instagram

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
タカシマ

タカシマ

SUMAHIRO専属ライター

北海道出身。学校卒業後に飲食店や美容関係のサービス業を経験。その後、事業会社で広報を担当。SNSやオウンドメディアの立ち上げと運用をしながらコンテンツマーケティングを学ぶ。現在は趣味の食べ歩きをしながら、得意のSEOライティングで北海道のおいしいやたのしいをテーマに記事を執筆。2022年10月からSUMAHIRO専属ライター。

  1. cardinal-国産の宝「十勝産小麦」を愛してやまない理由-

  2. 食の祭典 十勝イタリアーノマンジャーレ2023

  3. Osteria a.lconto-国産の宝「十勝産小麦」を愛してやまない理由-

  4. 大草原の小さな家-国産の宝「十勝産小麦」を愛してやまない理由-

  5. コモドキッチン 肉と酒菜と創作-国産の宝「十勝産小麦」を愛してやまない理由-

  6. ​​十勝求人 -最新情報- presented by TCRU「スポーツ事業の店長募集!」

スマヒロ最新記事

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する