圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

グルメ

帯広ラーメンBEST 10【2024年上半期】食べ歩きライターが選ぶ旨い店を一挙公開!

帯広ラーメンの美味しさを伝えるコラム「帯広ラーメン食べ歩き 至高の一杯を求めて!」の中から2024年上半期のBEST10をチョイスしました。もちろん、嗜好は人それぞれ。そして、帯広ラーメンの味は千差万別。味噌、塩、醤油の人気店がひしめき、豚骨ベース、魚介ベースといった出汁も様々。お店によっていろいろなバリエーションが楽しめる地域が帯広なんです。そんな帯広ラーメン店を2023年9月から8ヶ月間で36店舗を回りました。その中から2024年上半期のBEST 10を選んでみました。年末にもBEST 10を選びます。


No.1 麺倉庫 じだい屋

麺倉庫 じだい屋 – 訪れる価値のあるラーメン体験

帯広ラーメン愛好家たるもの、「麺倉庫 じだい屋」を知らずしてラーメンを語ることなどできません。この店は、単なる飲食店ではなく、ラーメン文化の一環としての存在感を放っていますよ。

改造された倉庫という、なんともユニークな場所に構えるこの店は、外観からして非日常。渦巻きのロゴが店の象徴となっており、ラーメンの湯気をモチーフにしているそう。このロゴを目にした瞬間から、訪れる者の期待感は高まる一方です。

相変わらずの人気ぶりで、いつも混んでいるというこの店ですが、食券システムの導入で驚くほどスムーズな回転を実現しています。5回目の訪問でようやくスムーズに入店できたという経験談も、この店の人気を物語っています。

こだわりの雑味なしの最強つけめん

看板メニューである「つけめん 並盛(200g) 900円」は、選べる麺の温度(温かいか冷たいか)が特徴。濃厚な豚骨魚介スープに、ゆず酢や割り下で、味の変化を楽しむことができます。極太麺のモチモチ感と小麦の風味、そしてトッピングのホロホロチャーシューが絶妙なバランスを生み出しています。

じだい屋らーめん・黒は、もう一つの看板メニュー。こちらも特注のストレート中細麺に、濃厚な豚骨白湯スープと黒マー油が絡み合い、焦げ臭さのない香ばしい風味が食欲を刺激します。ニンニクを加えると、さらに深い味わいが楽しめます。

じだい屋の扉を開けば、そこには忘れられない味と体験があります。あなたも、じだい屋でしか得られない至福の一杯を味わってみませんか?

【食べたメニュー】「つけめん 並盛(200g) 900円(税込)」

INFORMATION

■麺倉庫 じだい屋
住所:〒080-0026北海道帯広市西16条南1-9
電話:0155-35-9707
営業時間:11:00~15:00 (L.O.30分前)、17:00~21:00(L.O.30分前)(但し、スープが無くなり次第終了)
定休日:月曜、火曜
駐車場:有
Instagram

※2024年4月4日に掲載された情報は、2024年4月4日時点のものです。

No.2 将-SHO-

絶対食べたい!帯広「ラーメン将-SHO-」の魅力満載「きしょうめん」

帯広にある「ラーメン将-SHO-」は、ラーメン好きなら一度は足を運びたい、独特の世界観を持つ店。特に、看板メニューの二郎インスパイア系「きしょうめん」は、訪れた人々を魅了し続けています。

「きしょうめん」のスープは、魚介豚骨と豚骨の二種類から選べます。魚介豚骨を選ぶと、豚骨のコクと魚介の旨味が見事に融合したスープが楽しめるのもお得。一口啜れば、その深い味わいに驚かされること間違いなし。豚骨好きも満足する濃厚な味わいを、ぜひ体験してみてください。

食べ応え抜群の太麺と選べるスープの魅力

こちらの店の麺は、ストレート太麺を使用。もちもちとした食感と、スープをしっかりと絡め取る太さが特徴です。麺の量もたっぷりで、食べ応え十分。太麺好きにはたまらない一品になっています。

なんと言っても、もやし。一人前で1~2袋分も使われており、そのボリュームは圧巻。さらに、旨味が凝縮されたチャーシューが一枚、メンマ、刻みねぎが加わり、満足感を高めます。キャベツは入っていないものの、その他の具材で充分に楽しめること請け合いです。

【食べたメニュー】「きしょうめん(太麺ストレート)辛みそ950円(税込)」

INFORMATION

■将-SHO-
住所:〒080-2474 北海道帯広市西24条南2丁目12-155
電話:0155-29-5487
営業時間:11:00~15:00時(L.O.14:30)、17:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:火曜(祝日の場合翌日休み)
駐車場:有
※2024年2月10日に掲載された情報は、2024年2月7日時点のものです。

No.3 麺や いつき

「麺や いつき」帯広の行列ができる人気ラーメン店

帯広の「麺や いつき」は、行列が証明する通り、地元の人々に愛されるラーメン店です。

「麺や いつき」の看板メニューは、辛味噌ラーメン。通常930円のこのラーメンは、全部入りで1,250円。ゆで卵とチャーシュー3枚が加わり、通常より400円以上の価格上昇ですが、その価値は十分にあります。特に、3枚のチャーシューは、口の中でとろけるほどの柔らかさ。一度食べたら忘れられないおいしさです。

メニューの多様性!魅力的な具材とスープ

メニューの豊富さが特徴で、様々な種類のラーメンがあり、何度訪れても新しい発見があります。リピーターが多いのも納得です。縮れ中太麺は、森住製麺から供給される、こだわりの一品。プリプリとした食感が特徴で、スープとの絡みも絶妙です。

チャーシュー、豚挽肉、メンマ、白菜、モヤシ、刻みねぎという具材は、それぞれがスープの味を引き立てます。

スープのベースは鶏がらで、鰹節と昆布の旨味が溶け込んでいます。ピリ辛の辛味噌味は、食欲をそそります。焦がしねぎや香味油が加わることで、より深みとスパイシーさが増しますね。


リピーターが後を絶たないその理由を、ぜひ自身の舌で確かめてみてください。きっと、あなたも「麺や いつき」のファンになるはずです。

【食べたメニュー】「辛味噌ラーメン全部入り(1,250円税込)」

INFORMATION

■麺や いつき
住所:〒080-0026 北海道帯広市西16条南36丁目1-22
営業時間:11:00~15:00時(L.O.14:45)、17:00~21:00 (L.O.20:30)、火曜:11:00~15:00 (L.O.14:45)
定休日:水曜、月1回不定休(祝日の場合営業、翌日休業)
駐車場:有

※2023年11月21日に掲載された情報は、2023年11月13日時点のものです。

No.4 拉麺 グレープ

拉麺 グレープ – 帯広の個性派ラーメンの新星

今日は、帯広に新たにオープンした拉麺グレープをご紹介。2023年12月4日に移転オープンした拉麺グレープは、音更から帯広のフクハラ自由が丘店に拠点を移し、さらにアクセスしやすい場所でみんなを待っています。共有駐車場があり、昼営業もスタートしているので、いつでも訪れやすいですよ。

拉麺 グレープの魅力

グレープの特徴のひとつが個性派のオリジナルスープが「ナミナミ」。その味わいは、ラーメン愛好家を虜にすること間違いなしです。

みそラーメンには、大振りで低温調理されたチャーシューが2枚も!ホロホロの肉の旨味がギュッと詰まっています。スープには、凍結熟成製法で作られたパンチのあるニンニクを使用。このスープが、森住製麺の中太ちぢれ麺と見事に絡みます。

【食べたメニュー】「みそラーメン900円(税込)」

豚骨と鶏ガラのWスープに魚醤の風味が加わったしょうゆラーメンも絶品。豚骨のコクと鶏ガラの清らかさが絶妙にマッチしています。ただし、店主推しは、「スタミナラーメン」と「特製担々麺」です。この日も、列を成した多くの人たちが、店主一推しを注文していました。次は頼んでみます。

INFORMATION

■拉麺 グレープ
住所:〒080-2476 北海道帯広市自由が丘3丁目1−1 フクハラ自由が丘店内
電話:0155-29-0072
営業時間:11:00~14:30、17:00~20:00
定休日:日曜日
駐車場:有
※2024年1月3日に掲載された情報は、2023年12月27日時点のものです。

No.5 麺屋 伊とう

麺屋伊とうは、化学調味料なし!安心・安全旨いラーメン店

ラーメンを口にした瞬間、そのスープがどれほど純粋であるかを感じ取ることができますか?

「麺屋伊とう」は、そのクリアで透き通った味わいが特徴的な、化学調味料を一切使用していないラーメンを楽しむことができます。この美味しさ、純粋なスープをご堪能いただきたいです。

麺屋伊とうは、2020年12月10日のオープン以来、鶏そばのみからスタートしてメニューを少しずつ増やしてきました。時間をかけて丁寧に抽出した自然の滋味が堪能できるのです。地元の方々はもちろん、遠方から訪れるラーメン愛好者にとっても、十勝帯広エリアの新たな名店として注目を集めています。

スープ一滴一滴に鶏の旨味がぎゅっと凝縮

オススメしたいのが、私が食べた「地鶏らーめん(醤油)」。

この一杯は、十勝の誇り、新得地鶏と中札内田舎どり、そして店主が厳選した鶏を使用。あっさりとした口当たりながらも、スープ一滴一滴に鶏の旨味がぎゅっと凝縮されています。

国産の高級醤油をブレンドしたそのスープは、醤油と鶏の旨味が絶妙に重なり合い、あっという間に食べ終えてしまいたくなるような美味しさを持っているんです。

一度、食べたら再訪まちがいなしの一杯ですよ!本当です。信じてください。他にも曜日限定ラーメンもあるので、何度も足を運びたくなるはず

家族みんなで化学調味料に頼らない、安心・安全でクリアな味わいを持つラーメンを楽しんでみてください。きっと、その味が忘れられなくなるはずです。

【食べたメニュー】「地鶏らーめん(醤油)」960円(税込)

INFORMATION

■麺屋 伊とう
住所:〒080-0805 北海道帯広市東5条南14丁目1−44
電話:0155-27-0061
営業時間:11:00-14:30、7:30-20:20 (ラストオーダー20:00)※材料なくなり次第閉店
駐車場 有
座席数 15席
定休日 毎週月曜、第1火曜、第3日曜、年末年始
※2023年10月9日に掲載された情報は、2023年10月2日時点のものです。

No.6 ラーメン寳龍 帯広大通店

札幌ラーメンだけど帯広の味です。寳龍 帯広大通店

すいません。どんなにラーメンを食べに行っても、定期的に行ってしまうのが寳龍 帯広大通店です。慣れ親しんだ味はやっぱり最高なんです。

北海道と言えばラーメン!その中でも特別な存在として君臨する「寶龍」の帯広大通店。その味わいは、札幌ラーメンのクラシックなスタイルを基盤に、十勝流のアレンジが絶妙に織り込まれています。中でも、豪快&美味なチャーシューメン味噌は、メニューの中でも看板。そのチャーシューは柔らかくトロっとしていて、スープや麺とも相性抜群で、見た目も豪快で、美しさが際立つ。一杯での満足感は、他の店舗とは一味も二味も違います。

豪快&美味なチャーシューメン味噌が看板

寶龍の売りとして外せないのが、ねぎキムチラーメン。ネギキムチはその場であえるため、歯ごたえがしっかりと生きています。さらに、激辛を希望すれば唐辛子をたっぷりと振りかけてくれ、スパイシー好きにはたまらない一杯。店内は清潔感があり、ゆったりとした空間での食事が楽しめます。しかも、駐車場は広々としており、車でのアクセスも抜群です。

【食べたメニュー】「チャーシューメン(味噌)」1,045円(税込)

INFORMATION

▪️ラーメン寳龍 帯広大通店
住所 〒080-0010 北海道帯広市大通南27丁目11
電話 0155-25-6488
営業時間 11:00~21:00
定休日 火曜日(祝祭日の場合は翌日休み)
駐車場 有
※本記事に掲載された情報は、2023年10月末日時点のものです。

No.7 麺家 弐色

「麺家 弐色」で非日常のラーメン体験を!

ラーメン好きなら「麺家 弐色」は絶対に外せない存在。なんと言っても、豚骨白湯スープと鶏ガラスープの2つの選択が可能なことが最大の特長です。白味噌を合わせたスープは絶妙に調和されていて、天下の西山製麺の黄色中太縮れ麺は。これがまたスープに良く絡むんです!

豊富なメニューが「麺家 弐色」

豚骨白湯 味噌や辛味噌つけ麺のほか、つけ麺は割りスープが最初から提供されるので、スープの濃度を自分好みに調整できるのがうれしい。その他、ピリ辛みそホルモンらぁめんの場合、ホルモンのグニグニした食感や背脂のコッテリしたみそスープが絶妙にマッチ。食べ応え十分で、一度食べればリピートしたくなること間違いなし!

隣の客が食べていた油そばも非常に魅力的(後日食べてきました)!ラーメン旅なら「麺家 弐色」は絶対に訪れるべきスポット。多彩なフレーバーとサービスで、心もお腹も満足させてくれますよ。

【食べたメニュー】「辛味噌らぁめん」850円(税込)、「油そば」800円(税込)

INFORMATION

▪️麺家 弐色
住所 〒080-0051 北海道帯広市白樺16条西15丁目11-1
電話 0155-66-6044
営業時間 11:00〜14:15、17:30〜20:15
定休日 水曜日
駐車場 有
※本記事に掲載された情報は、2023年10月末日時点のものです。

No.8 チャイナガーデン翠蓮(すいれん)

翠蓮のラーメンは睡蓮のごとく美しくて旨い

誰が例えたのか「一つの小さな宝石が輝いています」と言わしめるラーメン店が「チャイナガーデン翠蓮(すいれん)」。店名は、睡蓮(すいれん)と翡翠(ひすい)を組み合わせとのこと。

私が選んだのは「チャーシューメン みそ」

見た目だけで舌が躍るような一杯です。

具材は、崩れるほど柔らかなピンク色の厚切り豚バラ巻きチャーシューと、シャキシャキとした歯ごたえの白髪ネギ。

そして麺は絶妙な弾力を持つ中太ちぢれ麺。スープは、白濁した豚骨の深い味わいで、マイルドかつ濃厚。臭みは一切なく、口の中で広がる旨味に感動すること間違いなし!

店名冠「スイレンラーメン」と「辣(ラー)ライス」

次回は、店の名を冠した「スイレンラーメン」も食べてみたい。

聞けば、スープは、まろやかでありながらも豆板醤のピリッとした辛さが効いた味噌味。具材の炒めたモヤシと長ねぎが、まるでスイレンの花のように見えることから名付けられたこの一杯は、味の変化を楽しむことができる逸品だそう。

先にスープを楽しんでから、豆板醤を混ぜるとさらに風味が変わり、それはまさに舌の上のアート。

そして、ラーメンと共に堪能したいのが「ラーライス」。あの柔らかなチャーシューがラー油で漬けられており、その組み合わせの美味しさは想像を絶します。ニンニクの風味がアクセントとなって、まさに最高のお供となっています。

【食べたメニュー】「チャーシューメン みそ」1050円(税込)

INFORMATION

■チャイナガーデン翠蓮(すいれん)
住所:〒080-0012 北海道帯広市西2条南27丁目22-1
電話:0155-24-7782
営業時間:11:00-14:30、17:00-20:30
駐車場:有
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、第二木曜日
※2023年10月24日に掲載された情報は、2023年10月24日時点のものです。

No.9 ラーメン大光

ラーメン大光 帯広の隠れ家的存在で味わう

帯広の光南住区、通称「鉄南地区」に佇む「ラーメン大光」。店名の由来は、かつての立地「大津」と現在の「光南」から取られているそう

既に帯広に移転してから30数年が経ち、今では女将さんを中心とした女性スタッフたちがアットホームな雰囲気でお客さんを迎え入れています。

私が訪れたのは、実は子どもの頃以来。私の父が通っていた店として覚えているこのお店、その味は変わらず美味しかった。

まろやかトンコツスープの醤油ラーメン

注文したのは「醤油ラーメン」。スープは豚骨白湯系のあっさりとした醤油味。まろやかな口当たりで、胃にも優しく、豚骨が苦手な人でも問題なく楽しめる味わい。そして、ちぢれた中細麺はスルスルとした食感で、スープと絶妙にマッチしています。

トッピングには、柔らかくて味が染み込んだ小チャーシュー3枚、パリッとしたメンマ、さっぱりとした長ネギ、そしてレンゲの上にのった香ばしい海苔。特にこのチャーシューは、口の中でとろけるようで、とても美味しい。

3人の女性スタッフによる丁寧な接客は、帯広で最高のホスピタリティを感じさせてくれます。常連客とのアットホームなやり取りや、昭和のノスタルジックな雰囲気も魅力。住宅街の中にありながら、続々と地元民が訪れる人気店です。

【食べたメニュー】「醤油ラーメン」700円(税込)

INFORMATION

▪️ラーメン大光
住所:〒080-0805 北海道帯広市東5条南21丁目1-77
電話:0155-25-3683
営業時間:11:00 -18:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場:有
※掲載された情報は、2023年9月29日時点のものです。

No.10 らぁめんとん平

「らぁめんとん平」で、心温まる絶品ラーメン体験を

北海道、帯広。ここは日本有数のラーメン激戦区。その中でも、地元の人々から愛され、全国からラーメン好きが足を運ぶのが「らぁめんとん平」です。看板メニュー、魚介ベースの醤油ラーメン。その美味しさは、インスタントラーメンとしても販売され、ファンを魅了して止みません。醤油だけでなく、塩や味噌ラーメンも人気。帯広のラーメンと言えば、「とん平」と自然に口にしてしまうほどのお店です。

麺の絶妙な太さと硬さがスープと最高

麺は中太ストレート。適度な太さで、スープとの相性も抜群。そして、たっぷりと入っているメンマや、炙り香が香ばしいチャーシューとの組み合わせが、まさに絶品。訪れる際には、行列や車の駐車スペースなどでの競争を覚悟すること。しかし、その全てを報われる、間違いなく美味しい「らぁめんとん平」の一杯を、ぜひあなたも体験してみてください。

【食べたメニュー】「醤油らぁめん」890円(税込)

INFORMATION

▪️らぁめんとん平
住所 〒080-0012北海道帯広市西2条南2丁目2番地2
電話 0155-22-4308
営業時間 平日・祝日11:00~14:30、土曜・日曜11:00~14:30、17:00~19:30
※スープがなくなり次第終了
定休日 火曜日、第1・第3木曜日(火曜日、木曜日が祝祭日の場合は翌日休み)
駐車場 有
※掲載された情報は、2023年9月29日時点のものです。

いかがでしたでしょうか。食べ歩きはまだまだ続きますが、定期的に自分の中のその時のベスト10を更新しては掲載していきます。皆さんの美味しい一杯を選ぶ一助になれば幸いです。

※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。
※電話番号、営業時間、定休日、メニュー、価格など店舗情報については変更する場合がございますので、店舗にご確認ください。

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

スマヒロ最新記事

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する