圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

SUMAHIRO

UIJターンで田舎暮らしや地方移住を応援するスマヒロのメディア露出が増えています

「圧倒的におもしろいメディアが地方を救う」というビジョンのもと、デジタルメディアの力で十勝のあらゆる課題を解決するスマヒロですが、第一弾として打ち出したのがUIJターン専門の求人Webメディア事業です。地方最大の課題である人材不足解消を掲げたことで、多くのメディアから注目されています。嬉しい掲載をご紹介させてください。

スマヒロの紹介記事でも書いた通り、2022年7月7日、北海道十勝の起業家やベンチャー企業に対して出資等のファイナンス支援、事業支援、ビジネス講習、人材支援等を行う合同会社コントレイルは、都市圏の人材と十勝の企業をマッチングさせるUIJターン専門求人Webメディアを立ち上げる北川への出資を決定しました。

こうして、株式会社スマヒロ(本社:帯広市、代表:北川宏)は、コントレイルの1号案件として誕生しました。

起業前、北川は北海道帯広市長の米沢則寿氏と野村総合研究所、帯広信用金庫など地元金融機関が十勝から事業を創造する起業家を育成するプログラム「とかち・イノベーション・プログラム(略称:TIP)」に参加。そこで、発表したのが「シン・地方メディアDX事業」でした。このとき、すでに「圧倒的におもしろいメディアが地方を救う」というスマヒロのビジョンでありコンセプトは決まっていました。

地方課題をUIJターンで解決が注目

その後、コントレイルやとかち財団が創業支援を行うLANDでビジネス戦略をブラッシュアップさせる中で、先ずは直近の課題である「人材」事業やWebメディア開発・運用、広報支援などのコンサルティングで収益を上げた後に「シン・地方メディアDX事業」を実現させるプランへと変更するなど、スマヒロは多くの方々の支援を受けて誕生しました。

地元紙の十勝毎日新聞、北海道新聞、毎日新聞などの新聞各社のほか、十勝の事業創発を支援するLANDにもそうした誕生秘話が掲載されたので、ご紹介させてください。

2022年7月4日付  十勝毎日新聞
2022年7月24日付 十勝毎日新聞
2022年7月27日付 北海道新聞
2022年9月13日付 毎日新聞

中でも、前述のLANDでは【LAND企業研究部#1】と題してインタビュー記事を掲載。自分では書けない本音が掲載されたので抜粋させていただきます。

従来の求人サイトとの違いは?
高橋司
高橋司
北川 ヒロシ
北川 ヒロシ
一般的な求人サイトは、希望する条件などをもとに検索して、仕事内容、募集職種、会社情報が企業ごとに掲載されているページにたどり着くかたちだと思います。当社の求人メディアは、社名や業種・職種から探すだけじゃなく、求人企業の魅力に惹かれて求人情報にたどり着くよう、記事コンテンツが多くあり、読み物として楽しめるメディアです。十勝の企業のことや、働く人、十勝での生活に関連することを、記事として取り上げます。求人掲載企業は、今まで自社サイトで求人情報を掲載していると思いますが、当社のメディアの中にページを設けていただくことで、より多くの方に見てもらい、理解してもらえるようにしたいと考えています。
ローカルメディアにこだわる理由
高橋司
高橋司
北川 ヒロシ
北川 ヒロシ
『圧倒的に面白いメディアが地方を救う』というのが当社のメッセージです。例えば北海道ローカルだと『水曜どうでしょう』や日本ハムファイターズなど、圧倒的に面白い、1位になるくらいのコンテンツがあれば、人は注目します。先日水曜どうでしょうの藤村Dに取材する機会がありましたが、これまで自分が考えてきたことを藤村Dは既に先駆けて体現していることを実感し、『自分も間違っていない』と自信につながりました。とにかく、楽しくやりたい。仕事をする人も、楽しければ自らアイデアが出たり、自ら行動につながると思います。
北川さんが描く未来とは?
高橋司
高橋司
北川 ヒロシ
北川 ヒロシ
まずはUIJターン求人メディアを立ち上げ、さらにローカルメディアを整備して、利用者を増やしたいです。そのためにイベントの企画運営もおこないます。利用者が増えて、メディアが有機的なフィールドになってくると、イベントなどが自然に発生する。人や場所もマッチングしやすくなるとイベントも組み立てやすくなり、自然と地域が盛り上がっていくと考えています。古き良き時代のローカルコミュニティは、テレビや新聞などの限られたメディアをネタに、住民同士が交流していました。そのコミュニケーションを、これからの時代に合わせたメディアで担っていくためにコンテンツが必要ですが、一方通行のコンテンツではなく、人が集うことによる偶然の産物や、双方向性が大切だと考えています。運営するメディアは、そのためのフィールドです。

私の想いや将来像を代弁してくれたLANDの高橋さんには感謝しかありません。

スマヒロはこれからスタートを切ります。「今なら地元十勝に貢献できる」と確信して戻ってきたのが2020年。

納得して戻ってくるのに24年もかかってしまいました。これからが私とスマヒロの真骨頂となるべく頑張りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

全文はLANDの記事をお読みください。

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

記事ランキング

日間
週間
月間
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する