圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

アンガーマネジメントテクニックでコミュニケーションを円滑に!代表理事の安藤俊介氏が極意を伝授

10月21日(土)、帯広のとかちプラザで日本アンガーマネジメント協会北海道支部主催の基調講演会が開催され、代表理事の安藤俊介氏が「コミュニケーションとアンガーマネジメント」についての講演を行い、約100人が参加しました。安藤氏は、家庭や職場で怒りの感情コントロールの難しさを感じている人々に向けて、怒りの背景にある「考え方のクセ」に気づき、怒りのコントロールや伝え方を学ぶことでストレスを軽減するアプローチを提供しました。約100人が参加!

アンガーマネジメントは怒らないは間違い!

安藤氏は冒頭、「アンガーマネジメントとは、怒りの感情を適切に理解し、その管理や表現方法を学ぶ心理トレーニングのことを指します。怒りは人間の基本的な感情であり、時にはそれがミスコミュニケーションや関係の断絶につながることもあります。しかし、アンガーマネジメントのテクニックを利用することで、怒りを適切に表現し、より健全で効果的なコミュニケーションを実現することが可能になります」と説明。

その上で、安藤氏によれば、ミスコミュニケーションは簡潔で明確なメッセージを伝えることで避けられることが多いです。

例えば、「ここにペットボトルの水が1つあります」というメッセージは、それ以上でもそれ以下でもないので、ミスコミュニケーションは少ないでしょう。しかし、家庭や職場のようなコンテキストでのコミュニケーションは、しばしば「なんで伝わらないんだろう?」という疑問や、「自分が伝えようとしたことがうまく言葉にできない」という問題に直面します。

ミスコミュニケーションを防ぐためにアンガーを学ぶ

前述した通り、アンガーマネジメントは、怒りをコントロールするための方法を提供するだけでなく、怒らないことを強制するものではありません。安藤氏は「だって僕は怒ります。一般的に言えば、怒りにくく、イライラしないわけではない。してもよい。そのときに選択がいっぱいあるよね。自分で選択できる。よりよい選択ができる」と述べています。

アンガーマネジメントを理解することで、コミュニケーションは変わり、より良い選択が可能になり、円滑なコミュニケーションの実現につながります。安藤氏の提供するアンガーマネジメントの視点から、怒りの感情と上手に付き合いながら、効果的なコミュニケーションを学びましょう。

互いの「べき」を理解し、尊重することが重要

コミュニケーションは送り手と受け手の共同作業であり、両者が協力して進めるものだと安藤氏は強調します。コミュニケーションにおいては「事実」が最もシンプルで伝えやすいエレメントであり、しかし日常のコミュニケーションにおいては、感情や思い込みが加わることで、伝えたいメッセージが難解になりやすいと指摘。

安藤氏はさらに、「感情」と「思い込み」がコミュニケーションを難しくしてしまう要素として挙げ、これらの要素が介在することで、情報の受け手が送り手の意図を誤解しやすくなると解説しました。

例えば、前述の「ペットボトルがある」という単純な事実に対しても、思い込みや感情が介入することで、意図しない反応を引き起こす可能性があると説明。

また、安藤氏は「べき」という言葉を重要視し、これに関連する価値観の違いがコミュニケーションの障壁となることを指摘しました。

異なる価値観を持つ人とのコミュニケーションでは、互いの「べき」を理解し、尊重することが重要であり、その受け入れが円滑なコミュニケーションにつながると強調しています。

質よりも量、時間よりも頻度が重要

安藤氏はまた、「質よりも量、時間よりも頻度」がコミュニケーションにおいて重要であると提言し、頻繁にコミュニケーションをとることが関係の修復や距離感の縮小につながると語っています。そして、個人として自分が生きたいことに集中し、どのように生きていくかを考えることが、コミュニケーションの質を高める一助となると述べています。

参加者からは、

「アンガーマネジメントは怒りのコントロール方法と思っていましたが違いました。もっと人が生きる上での本質的なことに目から鱗が落ちました」

という感想や、
「質よりも量、時間よりも頻度が大事という言葉が最も印象的でした」

というフィードバックが寄せられています。

これらのコメントは、安藤氏のアプローチが参加者にとって新しい視点を提供し、コミュニケーションの質を改善する手助けとなる可能性を示しています。

最後に、安藤氏は11月の「アンガーマネジメントファシリテーター養成講座」の開催を告知し、参加者にアンガーマネジメントの技術をさらに学び、社会に貢献する機会を提供しました。

この講座は、アンガーマネジメントの技術をさらに深め、効果的なコミュニケーションを促進するための手法を教え、協会認定の「アンガーマネジメントファシリテーター」になるためのプラットフォームとなっています。

十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
北川 宏

北川 宏

SUMAHIRO 編集長

記者12年→編集者8年→広報→起業|2022年7月『圧倒的におもしろいメディアが地方を救う』を掲るメディア会社 株式会社スマヒロの代表。新聞・経済誌の記者、雑誌編集者(日本)、週刊誌(海外)編集長、広報を経て2022年夏に起業。北海道十勝出身。東京13年→バンコク7年→北海道。

  1. 「諦めない心が地方を変える」十勝の起業家支援に情熱を注ぐ帯広市の米沢市長のビジョン

  2. ビジネス誌『経済界 9月号』と十勝の情報メディア『スマヒロ』のコラボ特集

  3. とかち・イノベーション・プログラム 2024 (TIP10)が7月16日からスタート!5ヶ月間のセッションを経て事業創発・起業へ

  4. 北海道U・Iターンフェア 2024.7.28@東京で十勝バスと萩原建設工業と出会うチャンス!

  5. 北海道十勝産黒毛和牛 特別販売会を本日開始! 〜7月12日まで〜 十勝スロウフード

  6. 帯広十勝のイベント情報2024【7月イベント】

スマヒロ最新記事

タグ一覧

  1. Discover hokkaido
  2. ise festival
  3. Lake of the Sky
  4. NEW OPEN
  5. TCRU
  6. TIP
  7. tokachi obihiro winter hokkaido snow
  8. UIJターン
  9. waoje
  10. インタビュー
  11. インデアンカレー
  12. おびひろ平原まつり
  13. おびひろ氷まつり
  14. サウナおすすめ
  15. ソフトクリームラリー
  16. たかまん
  17. とかちイノベーションプログラム
  18. とかちの講師ガイド
  19. ビアガーデン
  20. ファーマーズマーケット
  21. プチ移住
  22. フライフィッシング
  23. ふるさと納税
  24. ますやパン
  25. モール温泉
  26. 上士幌町
  27. 人材紹介
  28. 依田勉三
  29. 六花亭
  30. 北海道グランピング
  31. 北海道サウナ
  32. 北海道温泉
  33. 北海道移住
  34. 北海道観光
  35. 北海道観光おすすめ
  36. 十勝イベント
  37. 十勝スロウフード
  38. 十勝ドリームマップ
  39. 十勝バス
  40. 十勝牛
  41. 十勝産小麦100%
  42. 十勝石
  43. 和牛
  44. 国産小麦
  45. 国際農業機械展
  46. 地方創生
  47. 地方移住
  48. 地方起業
  49. 天然素材
  50. 天空の湖
  51. 山忠祭
  52. 帯広
  53. 帯広イベント
  54. 帯広おにぎり
  55. 帯広カフェ
  56. 帯広グルメ
  57. 帯広コーヒー
  58. 帯広サウナ
  59. 帯広スイーツ
  60. 帯広ドーナツ
  61. 帯広パスタ
  62. 帯広ハンバーガー
  63. 帯広パン屋さん
  64. 帯広ピラティス
  65. 帯広ラーメン
  66. 帯広ランチ
  67. 帯広三大祭り
  68. 帯広喫茶店
  69. 帯広寿司
  70. 帯広市
  71. 帯広整体
  72. 帯広映画
  73. 帯広求人
  74. 帯広牛
  75. 帯広神社
  76. 帯広移住
  77. 帯広蕎麦
  78. 帯広藤丸
  79. 帯広豚丼
  80. 広小路マーケット
  81. 書評
  82. 求人セミナー
  83. 満寿屋商店
  84. 熱気球
  85. 牛とろフレーク
  86. 物流拠点
  87. 田舎暮らし
  88. 登録支援機関
  89. 移住体験コラム
  90. 経済界
  91. 経済界大賞
  92. 育児休業
  93. 蕎麦屋
  94. 藤丸閉店
  95. 街頭テレビ
  96. 街頭放送
  97. 豊西牛
  98. 豊頃町
  99. 豚丼
  100. 豚丼レシピ
  101. 豚丼帯広
  102. 逢坂芳郎
  103. 音更町
  104. 高橋まんじゅう屋
  105. 鹿追町
  106. 麦音
  107. 黒曜石

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する