圧倒的におもしろいメディアが十勝を救う

CATEGORY

最新記事

TAG

タグリスト

旅行・観光

北海道の温泉おすすめは、モール温泉で決まり!北海道遺産「美人の湯」を紹介

北海道の温泉でおすすめは?と聞かれれば「モール温泉」と答えます。世界広しといえども十勝とドイツにしかない、琥珀色の美しい湯は「美人の湯」と呼ばれ、北海道遺産にも選ばれていました。

北海道の温泉と言えば十勝の「モール温泉」

日本は温泉の国。全国津々浦々に温泉が湧き、「名湯」がいっぱいです。御多分に洩れず、北海道もいたるところに温泉が湧き出ています。今回、ご紹介する温泉は日本全国どこを探しても、ここだけしかない温泉です。

北海道の東に位置する十勝地方は、食料自給率1300%の農業王国として有名ですが、農作業で疲れたからだを癒してくれる「モール温泉」なる聞きなれない温泉が湧き出る地域でもあるんです。

モール温泉と検索すれば「十勝」の二文字が出てくるほど、十勝と言えばモール温泉です。

北海道十勝の「モール温泉」が美人の湯と言われる理由

もうひとつ、「モール温泉」と言えば「美人の湯」としても有名です。理由は簡単。モール温泉は、植物性エキスと岩石のミネラルをたっぷり含んでいて、他の植物性温泉にはない、化粧水のような保湿効果があり、浸透性に富み、浸かれば肌がつるつるすべすべになることから、美人の湯と呼ばれているんです。

なぜモール温泉には植物エキスと岩石のミネラルが抱負なのでしょう。温泉ソムリエでもある友人Aさんに聞きました。

「十勝のモール温泉は、温泉愛好家の中でも希少な湯として有名です。モール温泉ができた理由を知るには、何百万年前に遡るところからはじまります。はるか昔、十勝を流れる十勝川周辺には、葦などの植物が自生していました。植物は長い時間をかけて堆積し、亜炭層(あたんそう)を形成。その隙間を通って湧き出ることで、植物エキスとミネラルを含む温泉「モール温泉」となって湧き出ているんです」(温泉ソムリエA)

もう少し「美人の湯」であるエビデンスが欲しかったので、一緒にモール温泉に浸かったこともある某大手化粧品会社で研究をしていた知人Bに、解説を依頼しました。

「十勝の地層は、火山灰土の下に温泉ソムリエAさんが話してくれた亜炭層、泥炭層があり、そこに含まれているフミン物質(腐植物質)が美人の湯につながるんですが、そもそも「フミン物質(酸)」は、前述の古代の植物が微生物により長い年月をかけて分解合成を繰り返してできたアミノ酸・酵素・ビタミン・ミネラル・などが複合した天然植物性の酸性成分です。フミン物質(酸)は、保湿性が極めて高く、人体に対して刺激性や毒性がまったくない、まさに天然の化粧水なんですよ。そして、フミン物質を含んだ地下水が花崗班岩(かこうはんがん)の間を通る過程で、豊富なミネラルをたっぷり含み湧いているんですね」(某大手化粧品会社の元研究員B)

まさに、十勝にしかない「美人の湯」というわけですね。

温泉で初の北海道遺産に選ばれたのが「モール温泉」

ちなみに「モール」という名は、亜炭や泥炭などをさすドイツ語に由来。ドイツのバーデン・バーデンに湧き出る温泉からモール温泉と名付けられたそうです。

モール温泉は、一般的な鉱物性温泉に比べて、世界でも希少な泉質として有名ですが、十勝地方は、いたるところで湧き出ます。モール温泉で最も有名なのが十勝川温泉ですが、十勝の中心都市「帯広市」でもあちこち湧き出ているので、地元の銭湯でもモール温泉が楽しめるんです。

泉質と希少性の評価の高さからでしょうか。十勝のモール温泉は、数ある北海道内の温泉地に先駆けて「北海道遺産」として選定されました。

いかがでしたでしょうか。モール温泉。

出張や観光で帯広駅周辺に泊まるのであれば、モール温泉の源泉掛け流しが楽しめる駅前の「ふく井ホテル」がおすすめです。

他の帯広駅周辺のホテルでもモール温泉に浸かれるのですが、循環湯か十勝川からの運び湯とのことなので、せっかくモール温泉を堪能するのであれば、一度は天然・掛け流しのふく井ホテルを選んではいかがでしょうか。

また、館内のレストラン「バイプレーン」は、宿泊客以外も利用でき、地元の方たちが日常使いするほど、味に定評があるレストラン。スペインとイタリア料理を癒合した西洋料理が絶品です。

また、ふく井ホテルの天然のモール温泉は、とかち帯広空港から車で15分にある「十勝エアポートスパ そら」でも楽しめるそう。帯広に降り立ってすぐに楽しむか、フライト前に浸かって帰るかはあなた次第です。

最後に温泉ソムリエAから哀しい事実をお伝えします。

「これまでモール温泉は、世界ではドイツと北海道十勝だけということで有名でしたが、現在では日本各地で確認されつつあるんです。ただし、北海道十勝の大自然と食文化を一緒にモール温泉を楽しめる場所は十勝にしかありません」(温泉ソムリエA)

事実なので仕方ありませんが、十勝の魅力を高める一つの要素がモール温泉であることは確かですね。

【INFORMATION】
帯広天然温泉 ふく井ホテル

〒080-0011 北海道帯広市西1条南11丁目19
公式HP

十勝エアポートスパ そら(空港から15分!)

公式HP

※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。
※電話番号、営業時間、定休日、メニュー、価格など店舗情報については変更する場合がございますので、店舗にご確認ください。



十勝の会社と人材を結ぶ
求人Webメディア「TCRU」

スマヒロ最新記事

記事ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

気になるなら一緒に読んでほしい関連記事

ページトップヘ

イベントや商品・サービスを取材します。

スマヒロでは十勝のヒト・モノ・コトを取材・掲載します。イベント、サービスや商品についてお気軽にご相談ください。
取材を希望する